モチベーションUP方法

一番やさしいジャズピアノ独学サイト(初心者向けジャズピアノ入門レッスン)へようこそ!

このページではジャズピアノ独学のモチベーションをいかに保つか、考えてみたいと思います。

ご自分でこのサイトを探し当てて練習に励んでいる皆さんは、きっと相当高いモチベーションでジャズピアノを始めなさったと思います。僕も天才ジャズピアニスト「上原ひろみ」さんのLIVEに行ってから数カ月、本当に自分で色々調べましたし、練習にも励みました。

でもね、人間ですからやっぱりモチベーションって放っておくと下がっていっちゃうんですよ。こればっかりは仕方ないです。実は、僕もジャズを初めて1年くらいした時、本気で辞めようと思っていた時期がありました。

だって、いつまで経っても幼稚園のお遊戯会みたいなアドリブしか出来ないし、周りにジャズをやっている仲間もいなかったので、それだったら運動とかしてるほうが楽しいなーって思ってモチベーションが地の底に落ちていました。こうなってしまうと、「練習しない→余計に上手くならない→更につまらなくなる→時間だけが経過して自分にセンスが無いと思い始める」といった悪循環に陥る可能性が非常に高いです。

では、そんな時何が僕のモチベーションを上げてくれたのかというと、、、

アニメです!!(おい

いや、これが本当にバカに出来ないんですよ。
マンネリしているときは忘れがちだけど、改めてジャズのカッコ良さを一番分かり易く教えてくれるんです。

ここで、僕が滅茶苦茶影響を受けたお奨めの作品を紹介致します!

 

【坂道のアポロン】

『坂道のアポロン』は相当話題になったので、知っている人も多いんじゃないですか?
僕はこんなにも素晴らしいジャズアニメを他に知りません。主人公は長年クラシックピアノをやっていた高校生。都会から、舞台となる九州に引っ越してきたお坊ちゃん。そして、主人公の相棒となるのが、不良で破天荒なジャズドラマー。この不良の不思議な魅力に引き込まれてジャズの世界に足を踏み入れ、親友になっていきます。また、不良の幼馴染の女の子もキーマンとして登場し、高校生の友情や恋愛などをメインにした甘酸っぱい青春ストーリーですが、その核となるところに全てジャズが関わってきます。ジャズの楽しさ、自由さ、カッコ良さ、こんなにも素晴らしい形で表現出来ている作品は滅多にないんじゃないでしょうか。また、ところどころ有名ジャズスタンダードがBGMとして起用されているのもニクイ演出です。
坂道のアポロンを観れば、このサイトで練習曲にしている『Someday My Prince Will Come』を絶対もっと好きになるでしょうね!特に、第7話の文化祭シーンは圧巻の一言。僕はこのシーンを観た時、全身に鳥肌が走り、思わず立ち上がってしまいましたよ。それから『My Favorite Things』、『Someday My Prince Will Come 』、『Moanin’』を狂ったように練習しました。なぜその3曲なのかは観てのお楽しみですね!!
とにかく、ジャズピアノの練習にマンネリしててもしてなくても、絶対にこの作品は観た方が良いです。ジャズをやっている人には、それだけ胸を張ってお奨めできますよ。スイングのノリが分からずに苦戦する主人公に自分を投影しながら観てみましょうね!笑

 

ジャズピアノのモチベーションを上げる他の方法ですが、『生演奏を聴きに行く』ことに勝る方法はないと思います。ジャズという音楽は、他の音楽よりも更にCD化することで魅力を失ってしまうジャンルだと思います。何故なら、ジャズの長所は即興演奏による「次にどんな音が来るか分からないワクワク」だからです(考え方に個人差はあります)。クラシックやJ-POPは決まった曲の進みがあって、それ通りで良いのですからCDでも楽しめますが、ジャズの場合は即興性が無くなるのは大きなマイナスになると思います。(勿論ジャズのCDも大好きでいっぱい持ってますけどね!笑)
だからこそ、定期的に生演奏を聴きに行くことが大事だと思います。いつもジャズライブに行くたびに「やっぱりジャズってカッコ良いな!もっと練習しよ!」と感化されています。

皆さんも、モチベーションを保つために、『坂道のアポロン』のような素晴らしいアニメを観たり、生演奏を聴きに行ったりして、外からエネルギーを吸収するように心がけましょうね!!

駄文、失礼しました。

 

ホームへ戻る

スポンサードリンク


 

投稿日:2016年3月25日 更新日:

執筆者:

初心者がジャズピアノを始めるハードルを下げたい。その一心でこのジャズピアノ独学サイトを作りました。 ピアノ経験の無い初心者でも、10のレッスンを独学してジャズセッションへいきましょう!