お奨めCD紹介

一番やさしいジャズピアノ独学サイト(初心者向けジャズピアノ入門レッスン)へようこそ!

さて、必須アイテム紹介ではその名の通り、絶対に持ってて欲しいアイテムを紹介しました。

ここでは、是非僕のお奨めCDを紹介したいと思います!やっぱりジャズのアドリブ力を高めるって意味でもうまい人のCDを聴きまくるのは絶対条件です!

大御所のCDとかは結構いろんなところで紹介されていて飽きていると思いますので、特に僕が愛してやまない上原ひろみさん含め、いろいろ紹介できれば良いなと思います!

 

1. 上原ひろみのジャズアルバムたち

(1) Place to be

Place To Beは上原ひろみさん唯一のピアノソロアルバム!このアルバムは他のアルバムと比べて特に”美しさ”が際立っているんじゃないかと感じます。特に、アルバムタイトルにもなっているPLACE TO BEが最高すぎる。いや、本当にジャズの美しさをここまで出せているピアノピースはなかなか無いんじゃないでしょうか。興味あるならちょっと下のYoutube動画見てみてください。僕は鳥肌が止まらなくてすぐにCDを買っちゃいました。笑

PLACE TO BEとは、和訳すると「居るべき場所」という意味。身一つで海外に戦慄デビューしながらも様々な葛藤を経て今の場所にたどり着いた上原さんの積み重なる想いが染み込むような、素晴らしい1曲だと思います。泣きながら演奏しているこんなライブを生で観てしまったら一生虜になっちゃいそうですね。ああ、最高。

(2) Time Control 

これまた僕の好きなアルバム。ほとんどの曲が時間に関わるものを題材にしてアルバムにした変わり種。このアルバムで一番僕が好きな曲は2曲目のTime Outですね!いやーこれ聞いていてビートがとっても気持ち良いんですよね!思わず体を揺らしてしまうというか、口ずさんでしまうような魔力がある曲です。これも僕がヘビーリピートしてるYoutube動画載せましょうかw

いやあ、ギターソロなんすかこれwこの自由さwこれがジャズですよwこういうライブパフォーマンスもジャズならではですよね!!弾くのやめちゃってもいいんですもん!笑 でもそのあとのドラムインからの盛り上がり半端じゃなさすぎる!いやーー生で聴きたいです!!

この曲の他にもDeep into the nightとか良いなあ〜と思う曲が満載でしたので是非買ってみてください!

(3) Beyond Standard

これは割と古いやつですね。Beyond Standard、ジャズスタンダードを超えるってなかなか挑戦的なタイトルですよね!でも、これマジで圧巻のアルバムなんですよ。まずはやっぱりI’ve Got Rhythmでしょ!!これ有名すぎて知ってる人も多いと思います。よく上原ひろみを取り上げるときに、その超絶技巧をご覧入れましょう的なVTRで流されるのがコレだったりします。実際にどうやってんのこれっていうテクニックですし、何よりテクニックだけじゃなくてリズム感も迫力もすごく、それでいてなんかテクニックだけを見せつけられたような鼻に付く感じも全くない。どうゆうことと思うならもう見てくれw口では説明できないw

どーですかこれ!!全く関係ない僕が自慢しちゃいますよ!!すげーだろ!!笑

ちなみにここまで紹介しておきながら、僕がこのアルバムで一番好きなのはこの曲じゃなくて3曲目のClaire de Luneなんですよね。笑

ドビュッシーの月の光っていうクラッシックの名曲あるじゃないですか。なんだっけそれ?って思った人も調べてみれば絶対聞いたことありますよ!それのジャズアレンジなんですけど、なんかもうこれが好きでたまらないんですよ僕。元々の曲が好きだからっていうのもありますが、この独特の月光って感じの雰囲気と世界観、なかなか他の人じゃ作れないんじゃないですかね〜。

その他にも、上を向いて歩こうとかMy Favorite Thingsとか、割とみんなが知っている曲のアレンジも多く、このアルバムは万人が楽しめるものになっていると思います!是非聞いてみてください!

いや〜上原さんだけで無限に語れちゃいそうだから、一旦打ち切りしますw

 

2、小曽根真 ~ Wizard of Ozone ~

同じ日本人ジャズピアニストで僕が大好きなのが小曽根真さん。まあ有名すぎて今更なんやねんって感じかもしれないですけど、このアルバム最高なんですよ。。。

全力で聞いて欲しい曲が、このアルバムに収録されているWe’re All Aloneです!!ほんっと痺れた!!僕はあんまりバラード聴かないんですけど、これはやばい。笑

まあそもそものBoz Scaggsの歌自体が最高だから、それを小曽根さんがジャズアレンジしたら最高になるのなんて分かりきってるんですけどね。原曲知らない人はちょっと聞いてみてください。

結構世代が上の方は、「ああ〜懐かしい〜」といった感想でしょうか。若すぎる世代にはおじさん臭すぎるんですかね?僕は最高に好きですこの曲。

あえて、小曽根さんのアレンジは載せません。もうね、買って聞いてみてください。絶対後悔しませんよ。そして、きっと聞いた後に楽譜屋行って自分で練習始めるところまで予言します。僕は今絶賛練習中です(本当)。笑

3、巨匠たちのアルバム

そろそろ日本人ばっか紹介すんな!巨匠のことも触れろ!って怒られちゃいそうですね。笑

まずは、もう言わずもがな。みんな知ってるBill EvansのPortrait in Jazzですね。

これ聞いてジャズ始めたなんて人もよく居ますし、ある意味教科書的な意味でも持ってるべきCDかもしれません。さすがに、え?ビルエバンズって誰ですか?って言ったら白い目で見られると思いますのでせめてこれだけは押さえておきましょうねw

中身は、本当に The Jazzと言っていいと思います。Autmn LeavesとかSomeday My Prince Will Comeとか、本当に勉強になりますよ!

そして、The Jazzと言う感じで僕が好きなのはこの人たち

マッコイ・タイナーとオスカー・ピーターソンですね!僕は正直、Jazzの古典にはめちゃくちゃ疎いんですよ。結構現代っ子なので、物足りなくなっちゃうんですね。それでも彼らの流れるようなドジャズな雰囲気に「あーこれこれ!!」って凄いなって、日曜なんかとりあえず部屋に音楽流そうって時に気分選ばずこのアルバムを選んだりします。途端に殺風景な部屋がお洒落空間に様変わりするから不思議なんですよ。結構上原ひろみさんは聴き手の好みが分かれると思うんですけど、今あげた巨匠たちの名アルバムは誰が聞いても心地よい作品だと思います。もっと名アルバムと呼ばれるものは死ぬほどあるんですけど、他のサイトにいっぱいありそうなのでやめておきますね!笑

 

 

いかがでしたか?やっぱり僕は日本人だからかわかりませんが、上原ひろみさんと小曽根真さんに痺れてたまんないんですよね。耳からジャズ漬けにして、それが溢れて自分の指から出ちゃうくらい聴き込みましょうね!!
スポンサードリンク


 

ホームへ戻る

投稿日:

執筆者:

初心者がジャズピアノを始めるハードルを下げたい。その一心でこのジャズピアノ独学サイトを作りました。 ピアノ経験の無い初心者でも、10のレッスンを独学してジャズセッションへいきましょう!